合間の休日〜ドッグビーチ②〜

続き。

 

このドッグビーチは本当に広くて、

犬の様子を見ながら…

写真を撮りながら…

歩いていたとは言っても、気がつくと往復1時間。

しかも、ほどほどのところで折り返したので、端っこまで行ったわけではありません。

 

しかも砂の上を歩いているので、しっかり歩いた感じ(⌒-⌒; )

 

image

 

これは、犬達にとってもかなりの発散‼︎

研修施設にて、

「仔犬の頃からしっかりと遊びきった仔は落ち着くのが早い

(1~2才で落ち着く)

と、聞いていました。

 

image

 

人間も、小さい時にやんちゃだった子や、遊びきった人の方が、大人になった時に落ち着いていたり…、順応力があったり…、

と、聞くような⁇(笑)

 

と、思いつつ、

 

確かに、実際、このビーチに来るのが日常的なのであれば、かなりの運動量。

そして、家に帰ったらイタズラする間も無く爆睡するでしょう(⌒-⌒; )

動く量が半端ない。

 

 

ちょうど、今回は仔犬にも遭遇。

小さい身体で、お兄さん、お姉さんワンコに混ざって遊びます^ ^

 

image

 

image

時には一人遊びも…

image

 

 

ドッグビーチにて、数人の飼い主さんに声をかけてみました。

毎日来ている飼い主さん。

1日おきに来ている飼い主さん。

 

平日に比べると、やはり週末は来場頭数は多い様です。

犬種も様々、大きさも様々、ハイパーさも様々。

 

 

でも、こちらに来て感じるのは、

人と犬が一緒に過ごす時間が日常的にある

と、いう事。

 

特に、こういう公共の場に来る飼い主さんほどその傾向があるのでは?と感じられます。

 

そして、それは、

遊びの中で、

また、日々の生活の中で、

 

どんな時、どの様に振舞っていけば良いのか?

 

学び・練習する機会が沢山得られているという事。

 

 

犬を飼おうと思う時、

 

人に可愛がってもらえ、

他犬と喧嘩をせず、

人のいう事をよく聞き、

穏やかで一緒にいて嬉しくて楽しい…

 

そんな愛犬に育って欲しい…

 

そう思った時、

 

その仔犬に、

 

『「時間」と「お金」は、かけられますか?』

 

かけられないのであれば、犬を飼うのは難しい。

 

 

この、

「時間とお金がかけられるかどうか?」

という問いかけは、私自身も問われた事がある問いです。

 

厳しい問いかけではあるのですが、

 

『犬を飼う』

 

という事は、結局そう言う事なんだなと。

 

 

今、現状としてペットショップに行けば、気軽に犬を飼う事が出来ます。

でも、

 

飼い続けることが出来るかどうか?

育てることが出来るかどうか?

 

これは、全くの別問題です。

 

 

その事を、体感を持って改めて感じています。

 

image

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP