2年ぶりのサンディエゴ

皆さん、こんにちは。
トレーナーの西川です。

前回のブログから約1年、今日は2年前に犬の研修で訪れたアメリカのサンディエゴよりブログを書いています。

2年前、とある人とのご縁から単独でサンディエゴにある犬のデイケア施設に研修に来ました。
当時、犬の仕事の方向性について転換期だと感じていました。

トレーニングは、

「犬との豊かな生活を送る際の”ツール”の1つ」。

その事を念頭に置いた時に、今までは人からの噂話でしか聞くことのなかったアメリカの犬事情の様子を直接見て見たくなったのです。

今回のサンディエゴ訪問は、完全プライベートです。
でも、当時お世話になった研修施設のオーナートレーナーさんとの再会は旅の目的の1つ。

あの時から確かに色々な事が変わりました。
犬への接し方…
飼い主さんとの会話の質…
トレーニングの目的って何なのか?

目に見えてやっている仕事内容に大きな変化はありません。
でも、小さな一歩と、色々な試行錯誤の積み重ねがあったからこその今があります。

今回のサンディエゴ訪問をきっかけに、改めてブログを再会します。

サンディエゴを訪れてより強く自分の中にずっとあるキーワードは

「豊かさ」

「豊かな生活」って何なのか?

自分にとっての、そして相手にとっての「豊かさ」とは何なのか?

このキーワードと共に、犬との暮らしや犬との関わり方、そして、暮らしの豊かさについて、皆さんと共有していけたらなと思います。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP